MENU

彼氏との別れをきれいなものにするために

お付き合いをしている彼氏に対して、気持ちがなくなってしまい、別れたいと思うことってありますよね。
そんな時に別れ方が悪いと、ごたごたしたり、後々までトラブルを抱えてしまうことになります。
きれいに別れる為には、どうしたら良いのでしょうか。

 

1.悪者になって別れる

相手に対して良い顔を見せて別れたくなる気持ちはわかります。
「あなたのことは好きだけど」「幸せになってね」など言ってしまうと、彼の方は未練が残ってしまい
なかなか気持ちの整理ができません。

 

きれいに別れるには悪者になることを忘れずに、「気持ちがなくなった」「好きな人ができた」などばっさりと
切りましょう。
別れた後は、連絡しないようにしましょう。

 

 

2.決断できるまでずるい女になる

別れを切り出しても、彼に引きとめられて、別れられないという場合があります。
そういった場合にはお付き合いを続けながら、しっかりと決断できるまでキープにしておくこともできます。
別れたいという気持ちが固まるまで待つ、もしくはこのまま付き合うと考える時間が出来ます。
ずるい女である自覚は必要です。

 

3.新しく好きな人ができたという理由で別れる

相手が一番納得してくれやすい別れ方は、「他に好きな人ができた」と言うことです。
これを言われてしまうと、もう自分に対して気持ちがないんだな、頑張ることはできないんだなと
納得しやすいからです。

 

4.別れを切り出すタイミングも考える

どちらかの部屋などで話し合うと、お互いに感情的になって、トラブルが生じることがあります。
別れ話をするなら静かな場所で、他の人も少しいるという場所が適切です。
別れを切り出すタイミングも、彼の仕事がひと段落した時など、冷静に話しやすい時期を選びましょう。

 

おわりに

いかがでしたか。
きれいに別れることが、相手に対するダメージも少なくなります。
参考にしてくださいね。